FC2ブログ

「浪花酒造」@尾崎(前編)

炎の浪花男さんのお誘いで、
「おっちゃん向けの企画があるから、どうでっか?」と。
二つ返事で参加させていただきました。
浪花酒造の酒蔵見学

難波から、特急サザン(普通の電車です)で尾崎まで。特急サザン 尾崎
なんか、カッコいい車両かと思ったら、各停?みたいな電車でした。

少し時間があったので、お手洗いに。
水を流してるとき、何かが動いたような気がして下を見ると、ジャケットが。orz
袖と裾が水につかっていました。(臭いは無かったですが。)
着るわけにもいかず、コートを着でジャケット持って・・・・・変な格好ですよね。

集合時間ぎりぎりに、浪花酒造に到着。(余裕があったはずなのに。)

みんなには、大爆笑していただいて、大阪人としてつかみはOKなのですが。
今回も知っているのは炎の浪花男さんだけでした。

建物は、「文化庁登録有形文化財」です。浪花酒造 浪花酒造

まずは酒蔵の命、井戸井戸
一回仕込むのに、15,000リットル必要だそうです。
洗米に水がたくさんいるそうです。

これで、お米を蒸します。蒸米タンク
蒸した米の2割が麹米と酒母米だったかな?

酒母タンクです。酒母タンクこれにお米と酵母を入れて混ぜます。酵母
最初は蒸米の香りですが、時間がたつとヨーグルトのようなさわやかな香りになります。

ここが麹室麹室中には麹が麹室
この中に風邪をひいた人が入ると、大事だそうです。

熱をもった麹は、こんな風に冷やされます。麹
持ったらめっちゃ軽い、食べたらうーん味の抜けて乾燥したご飯?

この二つを混ぜて、醸造タンクでお酒を造ります。醸造タンク
中にある機械は、冷却器だそうです。

できたお酒は、これで搾られます。搾り機酒粕の袋を出してました。搾り機

いよいよ試飲。(つづく)

コメント

おっちゃん #5oNcD4VY

お疲れ様でした。

>こがんださま

私は、連日のお酒で、ビールばかり飲んでて、勿体なかったです。

今後ともよろしくお願いいたします。

お体大切にしてください。

2010年02月23日(火) 17時49分 | URL | 編集

こがんだ #-

おつかれさまでした!
痛風発作で1週間呑んでなかったんですが 久々の御酒ですぐに酔ってしましました
今後とも宜しくお願いします

2010年02月23日(火) 17時13分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP