FC2ブログ

個人レッスン486回目(2018/10/3回目)


    アーバンとクラーク、トランペットでは有名な教則本ですね。

    クラークの録音はYoutubeにもあるそうです。

    アーバンはピストンのトランペットを広めた方。
    どんな演奏者だったかは、録音がないのでわからないそうです。

    Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

    10番 MENUET

    曲の感じがつかめませんね。
    トリルもわからないというかできない。

    師匠に吹いてもらいました。
    トリルはミとファ♯。(難しい。)

    後で復習しましょう。


    9番

    16分音符のスラーがいい加減。
    バジングで吹くと全然その音が鳴ってません。orz

    ここでアーバンの話をしたんですが、
    「アーバンの教則本は、パリの『コンセルバトワール』のトランペット科の教則本です。
    できなくて当たり前なんですよ。」

    「クラーク」はと聞くと、
    クラークが日々練習してたのを出版した本だそうです。

    もう石の上にも3年の5倍やってますから、少しでも前に進みたいですね。


    5番

    リズムも取りやすくなってきましたね。
    高い音で聴きぐるしくなるのが問題ですね。(汗)


    練習、練習。

    コメント


    トラックバック

    GO TOP