FC2ブログ

個人レッスン358回目(2015/4/1回目)


    先日、コンサートを聴きに行った「トーマス・フートゥン」
    ロサンジェルス・フィルハーモニックの首席奏者です。

    いつも思うのですが、もっとたくさんの方(トランペットを勉強している方)が聴きに来てもいいんじゃないかと。
    私なんか、「凄い!」としか言えないのですが、専門に勉強されてる方なら、その素晴らしさが伝わるんじゃないでしょうか。

    アーバン デュエット 64

    初めて一緒に吹いてもらったんですが、楽しい曲です。
    もっと練習すれば、もっと好きになりますね。

    二拍3連は、まだまだですけど。

    「チューニングのB♭より上の音が、苦しいのはなぜでしょう?
    出せないわけじゃないんですが、素直に吹けないんです。」
    「トランペットを始めたときに、高い音を出そうとして、
    喉を締めることが体に沁みついたからです。
    最初のころは、高い音を出す必要はないんです。
    癖を直すには、一から癖を取らないといけません。」

    練習、練習。

    コメント


    トラックバック

    GO TOP