FC2ブログ

auからdocomoへ


    先日のごたごたがあり、サポートセンターの対応の悪さがあり、auからdocomoへ乗り換えました。

    au(山田南店)へ、MNPの為の予約番号を取りに行きました。

    研修中の男性が対応してくれましたが、どうにも頼りない。(研修中であろうが、私には関係ありません。
    そもそも、一人前でない社員を、「研修中」の名札だけで客の前に出すこと自体おかしいやろ。

    「MNPの予約番号を発行してください。」
    「どちらのキャリアに移られるのですか。」
    「どこでもええんちゃう?」(ちょっとカチンときた。)
    「いえ、キャリアによって、予約番号が違いますので。」(そうなのか?)

    「今設定されてるプランの確認書類を見せてくれますか?」
    書類が出てきた(この時点で会話を録音開始)ので、
    「これは、フルサポートコースですか?」(違うの解ってたけど。)
    「はい。」

    「MNPで他社さんに乗り換えられるときに、契約二年以内で解約となるので、
    9,500円の解約料が必要です。」
    「フルサポートコースなら、開始から二年以降は解約金要らないですよね。」(ネットから取り出した資料を提示。)
    「・・・・」
    「きみと話してても、時間の無駄や。
    ちゃんと内容のわかるもん、呼んでおいで!」

    交代で女性が現れました。
    「申し訳ございません。
    このプランは、フルサポートコースができるまでにご契約されているので、解約金が必要になります。」
    非常に丁寧でわかりやすく説明してくれました。
    また、よく内容を理解している。

    「貯まったポイントを支払いに充てたいのですが。」
    「ポイントを支払いに充てるには、auウォレットにご入会いただかないといけません。
    時間もかかりますし、本日予約番号を発行しますので、無理がございますね。」と
    「ほんなら、しゃーないね。」
    「もしよろしければ、auの商品、SDカードなどが購入いただけますが、いかがですか?」

    SDカードとBluetoothのイヤホンが買えました。

    この女性は、顧客に新機種のメール等を送って、営業をがんばってる方でした。
    最初にこの説明をしてもらえてたら、きっとauに残っていたでしょう。

    つくづく何をするにも人材が大事だなと思いました。
    あの女性、できの悪い男性社員のしりぬぐいばかりしてるんやろな。

    コメント


    トラックバック

    GO TOP