FC2ブログ

個人レッスン336回目(2014/8/2回目)


    「パン」という吹き方で、スケールの練習をしていたのですが、今までスケールの練習を一つの調でさえ最後までやって無いのに気づきました。

    はいB♭が出なかったので、当然最後の練習ができない。
    このことを師匠に話すと、
    「もうひとつ前の練習からですね。」
    アーバンの最初の練習なんですけど。

    「アーバンを全部とは言いませんが、半分くらいはやっておかないとね。
    最近全部する人が少なくなりましたね。」

    一々コピーを取るの、面倒やな。
    一冊持っていくか?
    とりあえず、最初の方からも練習していきましょう。

    タンギングの練習は、途切れ途切れ(四拍とか八拍)ではなく、吹き続ける。
    効率よく長く吹き続ける。
    せっかちに結果を求めてもだめで、結果は10,000時間後に現れるそうです。

    アーバン デュエット 62

    アウフタクト(弱起)の曲です。
    一小節を一拍、大きくは4拍でとらえるのですが、一小節目が4拍目といく考え方。(うまく言えませんので、先生にお尋ねください。(汗))

    アーバンの第一巻の最初の方にやった年が描いてありました。
    2005年。
    9年前にやってたものを、振出しに戻ってやり直してみます。(当時は全然できなかったでしょうから。)

    コメント


    トラックバック

    GO TOP