FC2ブログ

個人レッスン329回目(2014/6/2回目)


    クラーク ファーストスタディー

    「152の速さでやってるんですが、このままでいいでしょうか?」
    「吹く速さじゃなくて、ピストンを抑える速さ、離す速さが足りません。
    だから、途中に音の空白ができるのです。
    ゆっくり吹いても、ピストンは速く吹くときと同じ速さで押さないといけません。」

    やってみると、音がふらつきます。
    「トランペットがぶれない様に押す、離す。
    これができるようになると、速いフレーズが吹けるようになります。」

    振出しに戻る。

    アーバン デュエット 61

    「これは、三拍子ですよね。」
    「クイックワルツですから、三拍子を一つに考えて吹いてください。」

    60

    次回で、卒業しようと思います。

    練習、練習。

    コメント


    トラックバック

    GO TOP