FC2ブログ

REGAL SHOES(リーガル シューズ)


    私の足、甲高幅広ですが、何か?

    以前、少しおしゃれなメーカーの靴を買ったら、頭痛がしました。
    以来、仕事ではくのはほとんどリーガルの靴です。

    静電気もたまりやすいので、皮底の靴が多いです。
    難点は、すり減りやすいこと。
    蹴って歩くのか、つま先は鋲を打ってないとすぐに駄目になります。

    先日、底皮を交換しにリーガルへ。
    「底の交換で12,000円、内張りを替えると4,000円、踵も補修しないといけないので・・・・」
    新品の靴が買えます。

    「では、底の交換だけならお願いしますので、見積していただけますか?」
    「一度剥がすので、お受けしてからしか見積りできません。」
    そんな高級志向の靴か?
    剥がさないとわからないなんて、職人?

    そこだけ交換できなくなった理由は、以前修理を出していた職人さんがいなくなったからだそう。
    でも、靴のリペアショップ、結構新しくできてますよね。
    面倒なだけ?(そんな修理は、うちではやりたくないというのが本音でしょうね。)

    会社の近所で見つけていた、
    靴修理工房「Stroll-ストロール―」

    靴を見て、
    「まだまだ外はしっかりしてるし踵も使えるので、
     長持ちさせるならゴム部分張り(3,000円)、
     皮がいいなら、皮部分張り(4,500円)です」
    靴に対する愛着を理解してくれてる言葉だと思います。

    メーカーとしては、新しい靴を売りたいのはわかりますが、
    お客様のことを考えなくなったら落ちていくだけだと思いますけどね。

    「修理して末永く使っていただけます。」は、嘘じゃないけど本当は、
    「修理して末永くは使えるけど、お金かかりますよ!」ってことですかね。

    コメント


    トラックバック

    GO TOP