FC2ブログ

「須佐」@谷町六丁目

炎の浪花男さんと鶴見緑地線で谷六へ、「須佐」須佐
京都の料理屋のように、燈篭があるだけ。

お品書きお品書き(須佐)に、お酒のお品書き酒(須佐)
ありゃ、お酒の種類が増えてますね。

暖気運転は終わってるので、日本酒を酒器醸し人九平次醸し人九平次(純米吟醸)
食事の時には大吟醸より吟醸酒のほうが好きです。

ちょっと値は張りますが、めっちゃ大きい赤貝があったので、お刺身で。赤貝造り
半身でも普通の一匹以上の大きさがある。
身はプリっプリで、めっちゃ美味しい!

ちょっと変わったラベルの東洋美人437東洋美人437(純米吟醸)

これには、サヨリの刺身をサヨリ造り
身がコリッとして美味しいですね。

名残のホタルイカの天ぷら。ホタルイカ天ぷら  ホタルイカ天ぷら
肝の味がギュッと濃くなって、これは美味い!
ホタルイカ好きの連れが悔しがるかも。

酒がすすんでお次は、不老泉不老泉(山廃純米吟醸)

炎の浪花男さんが食いついた、カニみそクリームコロッケカニみそクリームコロッケ
クリームが濃厚で美味しい。

私が独り占めした、山菜の天ぷら。山菜の天ぷら
どれも春の味ですね。

ちょっと一息入れて、瓶ビールを。瓶ビール
チェイサーですか?

〆はタコの刺身蛸刺身に、櫛羅櫛羅(純米生原酒)
蛸はコリコリして甘くて、日本酒にぴったり。

さあ、終電に乗って帰るで!(炎の浪花男さんは、もう一軒行ったそうですが…)

ごちそうさまでした。


大きな地図で見る

コメント


トラックバック

GO TOP