FC2ブログ

「吟蔵」@福島(前編)

さて、いよいよ本飲みです、「吟蔵」露地  吟蔵  吟蔵
こんなところを入るのですが、知らなかったら通り過ぎますよね。  

お品がきはこんな感じです。品書き(吟蔵)
今日は、お任せ6品に日本酒が飲み放題で、5800円!(はい、酒を飲みに来てます。)

日本酒のお品がきは、
酒メニュー1  酒メニュー2  酒メニュー3  酒メニュー4  酒メニュー5  酒メニュー6
どんだけあんねん!
日によって無いものもあるそうですが、全部飲み放題。

まず、主催者である炎の浪花男さんの挨拶。ぐっさん
写真がまずいのは勘弁してください。(笑い飯の西田幸治に似てません?)
「皆さんいい大人なので、節度のある飲み方をお願いします。」

盃がたくさん(欲しいものもたくさん)用意されてます。盃

何種類かお酒をリクエスト。奥播磨  磯自慢  獺祭
デキャンタにも入れてくれるのですが、透明で全部同じなので、味を覚えておかなければいけません。orz

まずは、乾杯から。乾杯
この切子のグラスは結構お酒が入るので、危険です。 

まずは小鉢が7種類。(これで終わりか?)一品目2  一品目1
ワケギのぬた、茄子の炊いたの、つくだ煮、おから、筍の豆腐和え、カボチャ、椎茸とあげの焚き物。
味がしっかりしていて、日本酒に合う。
このあてには、大吟醸より磯自慢が一番いい感じがしました。

後編につづく

「大黒」@福島

炎の浪花男ことぐっさんに召集されて、飲みに行く前に前飲み。(普段は前飲みはしませんが、同行した方の強い希望で。)

福島で集合して、「大黒」へ1番街(福島)  大黒
はじめてのお店ですが、魚が美味しいようです。

まずは生ビール生ビール
これが美味しかった。(生ビールが美味しいのが、絶対条件ですね。)

あても新鮮そう。
私を呼んでいたのは、かつお。かつお
お姉さんが食べ方を説明してくれました。

まず、たまりにどっぷりつけて、薬味を乗せる。かつお

で、くるりと巻いてかつお
めっちゃ美味しいがな!
刺身で食べても、臭みがないのは新鮮な証拠。

ぐっさんが横で、
「かま焼きか~。」と何度もつぶやくので、マグロのカマ塩焼きまぐろかま焼き
これ、肉やわ。

前飲みでおなかが張るとまずいので、米焼酎のロックを。米焼酎
この焼酎、めっちゃ美味しい。(名前忘れましたが、メニューの一番下に乗ってました。)
あっさりしすぎず、柔らかい味。

カマが残ってるので、熟撰も熟撰
えーと、前飲みでしたよね。

ごちそうさまでした。


大きな地図で見る

個人レッスン214回目(2011/4/6)

前回、
「タンギングができて、指が動けば、大概のものは吹ける!」
と言われて納得していましたが、やってみると大変。

そこで、
「これくらいのスピードでしかできませんけど、どんな感じでしょう?」
「うーん、指の動きが・・・・・」
ここから先は、文章にするのが難しいのですが、動作が単発になっているとのこと。
これからは、そのことも考えながらやっていかねば。

アーバン デュエット 31

途中から余裕がなくなると、どっかを締めつけて音が上ずります。(下手なバイオリンのようにorz)

精進、精進。
GO TOP