FC2ブログ

個人レッスン479回目(2018/8/2回目)


    Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

    7番 GIGUE

    音楽の感じはわかって、何度も吹いてテンポを上げていきました。

    最初に合わせた時はグタグタ。
    日本のトランペットの音程が近くて、師匠に引っ張られるんです。(汗)

    好きな曲になりそうです。


    6番

    舌を器用に使わないといけないのは、最初の頃からいわれてたこと。
    でもその感覚が少しわかったのは最近。orz


    5番

    ピッチが上がるのはいつものことですが、前回よりはコントロールが効いてる。
    練習をしないといけないことを思い知らされます。


    4番

    師匠に「問題ないですね。」と言われて嬉しい。


    練習、練習。

    個人レッスン478回目(2018/8/1回目)


      もうトランペットを初めて丸15年になりますね。
      45歳の時でした。
      お嬢がトロンボーンなのでトロンボーンを習おうと思ったら、買ってくださいと言われて、
      「トランペットなら貸し出しがありますよ。」の一言でトランペットを習うことに。
      師匠とのお付き合いも丸15年です。

      Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

      1番

      なかなかよかったです。(本人談)
      気持ちよく和音を感じられます。

      2番

      「高い音の精度が悪いんです。」
      「喉を閉め付けて高音を出そうとするからです。
      舌の方が喉より何倍も器用ですから、舌でコントロールしてください。
      もっと舌を意識しないといけませんね。

      3番

      バタバタしてますね。
      「8分の6拍子の最後の8分音符で始まるんですが、入り方がわからないんです。」
      「8分の6拍子は、馬のギャロップですから日本人にはなじみが無いんですね。
      しみついてない店舗は、練習するしかないですね。」

      4番

      これは好きです。

      5番

      これも舌のコントロールをしないと、ピッチがだだ上がり。

      6番

      5番に続いて舌のコントロールができないとつらい。
      首絞めて吹いてるよう。(涙)

      7番 GIGUE

      「そのテンポとリズムでは『GIGUE』になりませんね。
      沢山の曲は踊りの曲でこの『GIGUE』も踊りの曲です。」

      ネットで調べたらありました。
      イメージはつかめますが、テンポが・・・・

      練習、練習。

      個人レッスン477回目(2018/7/3回目)


        Selected Duets for Clarinet: Easy to Medium

        9番

        気持ちよく吹けました。
        卒業しましょう。


        Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

        1番

        高い音のスラーが難しい。

        2番

        上のファの音が当たらない。
        最後の音、同じ音なのにちがう音?

        3番

        16分音符の一音斫るか。(笑)
        トリルができないと吹けないんやろな。

        4番

        気持ちよく吹けてると和音を感じられる。

        5番

        テンポはいいんですが、高温が定まりませんね。

        6番

        ピッチ、だだ上がり。
        喉の締め付けかな。

        練習、練習。

        個人レッスン476回目(2018/7/2回目)


          Selected Duets for Clarinet: Easy to Medium

          9番

          下のパートを吹いてから入ると、楽に入れますね。
          次は卒業しましょう。


          Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

          1番

          締め付けて吹かなければうまく吹ける。

          2番

          真夏に「CHRISTMAS SONG」
          後半が少し詰まりますね。

          3番

          やっぱり16分音符のリップスラーが関門ですね。
          ミの♭もよく忘れる。

          4番

          テンポがいいので吹きやすいです。
          音域もあまり広くないしね。

          5番

          音域が高いですね。
          後半のPianoの高い音が難しい。

          6番

          完全に練習不足。
          音域も高いのでパーツに分けて練習しないと。

          練習、練習。

          個人レッスン475回目(2018/7/1回目)


            Selected Duets for Clarinet: Easy to Medium

            8番

            デュエットがデュエットになった。(笑)
            音が和音になった。
            卒業します。

            9番

            師匠の音色が聞こえる。
            頭の中で和音が響く。
            気持ちいい瞬間ですね。


            Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

            1番

            スラーがこけそうになるのは歌えてないからか。

            2番

            初見で吹けないといけない曲ですね。

            3番

            16分音符のリップスラーができないな~。
            ミの♭をちゃんと意識しないとすぐ忘れる。

            4番

            嵌ると吹きやすいんですが、たまに音がずり落ちます。
            テンポが好き。

            5番

            音域が高いですね。
            難しい曲じゃないんですが。

            練習、練習。
            GO TOP